MENU

新潟県(米県)の県名とその他の地名の由来

新潟県

新潟県の県名の由来は新しくできた内湾に発達した村を表したそうです。
学校で習い日本に住んでいれば多くの人が知っているであろう日本で一番長い川として知られる信濃川と阿賀野川の河口の中州にできた内湾を当時は「潟」と呼んでいました。

 

その周辺に人々が集まりいつの間にか村が発達したため、「新しい潟」という意味で、「新潟」と名づけられたのが新潟県の県名の由来だと言われています。

 

また、もう一つの説では、信濃川河口に広がる新潟平野に点在する潟湖の中の一つに「新潟」という名が与えられ、それがいつの間にかそのまま県名になったとも言われています。

 

魚沼市

合併による改名のおかげで「魚沼コシヒカリ」が急増!?。
「魚沼市」は2004年、新潟県北魚沼郡のほぼ全域に当たる小出町、堀之内町、湯之谷村、広神村、守門村、入広瀬村が合併して誕生しました。

 

魚沼というのは川の名前にちなんではるか昔の古代から使われていた名前で、「魚沼市」は魚沼地方の中で最も広大な広さを誇っています。

 

なお、松代町、松之山町は、隣の東頸城郡(ひがしくびき)から、合併で誕生した十日町市入りし、魚沼地区の農協に編入されました。これにより「新潟一般コシヒカリ」から、晴れて日本一のブランド米とも言われる高級米「魚沼コシヒカリ」を名乗れるようになり、経済効果もアップするというオマケつき。地名には、ブランドの効果もあるのです。

 

妙高山

中山が「みょうこう」に変化読み方に修験道行者も注目。
新潟県妙高市にある妙高山は、「越後富士」とも呼ばれる新潟県を代表する山の一つです。

 

奈良時代以前は「越の中山」という名前だったのですが、今ある地名を好ましい二文字に全て変えよ≠ニいう715年の好字二字令により、中山が「名香山」になったそうです。それがいつの間にか「みょうこうざん」になり、さらに変化して「妙高山」という漢字に転じたのです。

 

妙高山には修験行者も入山していました。「妙高」という名称がついたのは、古代インドで世界の中心にそびえ立つとされる「須弥山(しゅみせん)」の日本語訳だったからだと考えられています。